¥¥¥



    DSC_0619.JPG


   仮面ライダーのお面(縁日)      ¥800

   魔法の指輪(ガチャガチャ)      ¥300

  
   
   
   
     ウルトラマンのTシャツ(おさがり)  ¥0

   
   武器(ヒーロー私物)           ¥0

 
   勇気                  priceless





休講・代行のお知らせ

今週のビーヨガでのクラスは、休講・代行となります。

10月2日(水) 産後ヨガ      休講  
  

       3日(木) レベル1 
         マタニティヨガ   代行

代行の詳細は、ビーヨガのホームページをご覧ください。
ご迷惑お掛けしますが、どうぞ宜しくお願い致します。

明日から週末まで、ヨガの養成講座に参加します。
自分の持っている知識や思考や視点のパターンを一度崩し
あらたな発見や気づきの場となればいいな、と思って臨むトレーニングです。
また、クラスなどで皆さんとシェア出来たら嬉しいです。





「すてきにハンドメイド」掲載


前回に続き、雑誌掲載のお知らせです。
NHKテレビテキスト「すてきにハンドメイド」の10月号にちょこっと出ています。
ハンドメイド以外のことを特集する‘すてきにワタシメイド’コーナーにて
寝る前に布団でできる安眠ストレッチを紹介しています。
趣味でするたのしい手芸でも、前屈みの姿勢や目を酷使することになるので
寝る前に疲れた身体をリセットしたいものです。
クラスでもよく取り入れる‘仰向けのツイスト’ポーズなんかは
肩凝りや猫背の姿勢を緩和してくれますが
枕の上に背中を委ねるようにすると、とっても楽になります。


20130925_101056.jpg


手芸は、没頭すると時間があっという間に過ぎます。
作業にのめり込むと、それまであった雑事を忘れてしまいます。
集中の度合が強くなると自然と息を止めている時間が増え
単純な作業が続くことで一種の瞑想状態になります。
♪ 夜なべをして手袋編んでくれた母さん ♪ も
我が子を思いつつ、こんな体験をしていたのでしょうか?
手芸に限らず、ヨガの練習に限らず
日々の行動のなかには
知らず知らずの間に
その対象に注意を集中させ
心が鎮静し
我を忘れる体験って
案外しているものですよね。



「ヨガジャーナル 日本版」 掲載


現在発売中「ヨガジャーナル 日本版」VOL.31に掲載して頂きました。
‘ヨガトリップ特集’のアンケートで、壱岐島を紹介しています。
よかったらご覧ください!
他のみなさんが薦める旅もとっても魅力的で、興味深い記事になっていますよ。

20130924_193228.jpg

旅といえば、昔からひとり旅をしていた母の影響もあって
ひとりで気ままに出掛けるのが好きでした。
行きと帰りの日程だけなんとなく決めて、あとは自由。
青春18切符買って
鈍行列車に揺られ
ユースホステルに泊まったりして
行きあたりばったりの旅を楽しんできました。
最後にひとり旅したのは
息子がお腹にいた妊娠8か月のとき。
(厳密にはひとり旅ではないですね、これ)
新潟は佐渡島へ行きました。
観光シーズンではなかったからか
海沿いを歩いているのはわたし独りっきり。
視界には荒れた日本海と荒々しい岩場のみ。
もし身に危険が迫って助けを求めたとしても
誰にも声は届かない状況でした。
いらんことを考えていたらどんどん怖くなってきました。
歩いても歩いてもなかなか人通りには出られず
もう半泣き状態でした。
ココロもカラダも硬直しすぎて
それまで元気に動いていた息子の胎動がなくなってしまいました。
数時間びくともしなかったから
最悪の状況を考えたりして
ひとり、泣きました。
宿についてカラダが少し温まって
しばらく経ってからやっと息子の動きが感じとれ
ほっとしました。
安堵の涙を流しました。
おおきい子宮に圧迫されていたためトイレが近くて
我慢できずに畑の端っこで青空トイレしたことも思い出しました。
う〜ん、開放的でした!

結婚して出産して、旅のスタイルはちょっとずつ変わってきているけれど
限られたなかで
気ままに
のんびり
非日常をあじわうのが好きです。






お別れ

先週、祖母が亡くなりました。
94歳でした。
体調を崩してからの衰弱は早く
それまでなんとか独りで生活できていたのに
家を出てからあっという間の10日後くらいに逝ってしまいました。
亡くなる数日前にお見舞いに行きました。
1年振りに会いました。
いつも人前ではカツラを被りしゃきっとしていた祖母は
最初誰だかわからないほど変わり果てていました。
丸まった背中をさすりました。
いろんな重荷を背負ってきたであろう肩を揉みました。
94年の人生を歩んできた逞しい足をほぐしました。
祖母は、人生最初で最後のマッサージを受けたようです。
弱音を吐かず、人に頼らない強い女性でした。
そんな祖母がマッサージをされながら
「あ〜、きもちいいねぇ〜。あ〜、そこ、そこいいねぇ」って
とろけた声を出していました。
それでもマッサージを受けることに恐縮した様子だったので
夫が声を掛けました。
「おばあちゃん、94年に一回くらいは休みましょう」


人が亡くなると
その人との思い出が走馬灯のようによみがえってきます。
それは、微笑ましいエピソードであったり苦いものだったりします。
後悔してもしきれない、なんてことがあったりするかもしれないです。
でもそれは、その人との関係性のなかで
その時はそうすることが良し
そうするしかない事情があったわけで
だったら故人を振り返りながらも
前を向いて歩んでいけばいいよね、と思うんです。


4歳の息子も、人の生と死に触れ
彼なりに感じることがあったと思います。
「かいせいは生きてるから、しんぞう動いてるよ〜」とか
「おばあちゃんは、天国とお墓どっちに先に行くの〜?」
なんて質問も。
旅立つ曾祖母に持って行ってもらうべく
息子が手紙をしたためました。
「おばあちゃん いままで いきてくれて ありがとう」







織りなす

先週末、保育園の「ママ会」がありました。
夕方から夜の時間帯にひとり自由の身になるのはちょっと久しぶりだったので
ウキウキしました。
ほとんどのお家が、こどもを夫に預けてきたというケースが多かったかな。
ちゃんと夕飯の用意をしてから出てきたママもいれば
外食をおねがいして出掛けてきたママも。
わたしは、いつも後者です。

飲み食べしながらの話題はあんなことからこんなことまで。
旬の東京五輪については
7年後11歳になる我がこども達がどうにか参加する方法はないか!って
ああだこうだと話してみたり。
選手は無理だから開会式のダンサー要員としてならいけるか!みたいな。
そして妙に盛り上がったのが
‘夫は洗濯物をたたむか’について。
共働きである保育園ママ達にとって、家事の分担はとても大事なテーマ。
率先してたたんでくれる夫
絶対にやらない夫
たたむけれどしわくちゃすぎて結局自分でたたみ直すママ
言えばやる夫
・・・などなど、バラエティに富んでいます。
その家のカタチがあるから、他人の家と比べてもどうしようもないけれど
そのお家のようすが垣間みえるのは面白いものです。

園の送り迎えはみんな時間との戦いなので
立ち止まって話し込むってことがあんまりないのが日常。
こんな機会にぺちゃくちゃ話すのはとっても楽しい時間です。
それぞれの育児を知り、じぶんもまた頑張る力をもらえたりします。

息子を産む機会を与えてもらったことで縦糸が据えられ
息子がきっかけでいろんな人との関わりに恵まれ横糸が張られていく。
出産するまで‘地域’と繋がっている感覚なんてほとんどありませんでした。
ただ、この町に住んでいるだけでした。
それが、いま広がりつつあります。

赤い糸があるっていうけれど
人生、赤い糸だけじゃないんだよね。
親子の糸
友人の糸
先生との糸
ご近所さんやお店屋さんとの糸
ヨガによって繰り広げられてきた糸
ほかにも数えきれないほどの糸がある。
ひとつの親切が結び目を強くしたり
ひとつの意地悪が結び目を弱くしたり
ひとつのすれ違いが糸を解いたり
あるひと言が糸の方向を変えたり。

果たしていま、どんな模様を描いているのかな。
きっと、エレガントなんかではなく無骨なんだろうなぁ。





しょうらいのゆめ

おかあさんは、筆ぶしょうとかいうなまえの筆をもっているみたいで

ブログをぜんぜん書こうとしないので

きょうはボクがかわりにかきます。

ボクは、おかあさんのコドモです。

いま、4さいでほいくえんのきんたろう組です。

ボクは、おおきくなったら おとうさんになりたいです。

りゆうは、おとうさんのことがすきだし たのしそうだからです。

きんたろう組のまほちゃんとけっこんして

まほちゃんのおなかのなかにお空から赤ちゃんがおりてきて

そしたらボクはおとうさんになります。

おとうさんになったら、こどもにサッカーをおしえたいです。

そして、ボクのおとうさんとおんなじように

カキカキのおしごとをしたいです。

おとなは、おっきくてやさしいから おとながすきです。

わるいおとなもいるけれど、やさしいおとながおおいとおもいます。

だから、はやくおとなになりたいです。


DSC_0043.JPG

明日のクラス、代行になります。

こんばんは。
明日のbeyogaでのクラスは、体調不良により代行を立てさせて頂きます。
代行の詳細はbeyogaのページをご覧ください。
クラスに来てくださる予定のあった方々、申し訳ありません。
ご迷惑お掛けしますが、どうぞ宜しくお願い致します。
残暑厳しい日が続いています。
みなさまも、体調に気をつけてお過ごしください。
 

どっちもいいじゃない。


都会もいいし、田舎もいい。
時間に追われるのもいいし、時間をもて余すのもいい。
便利なのもいいし、不便なのもいい。
自然もいいし、人がつくったものもいい。
頑張ってみるのもいいし、頑張らないのもまたいい。
目的や意図をもつこともいいし、そんなのなくただやり過ごしてみるのもいい。
なにかをぎゅっと握りしめてみるのもいいし、ふわっとやさしく手放してみるのもいい。

どっちが良くて悪いとかはないんだなぁ。
そう、どれも素敵だね。
その時々で
じぶんがご機嫌でいられるところにうまく身を置ければ
それでいいじゃない。
それが、バランス。
そんなことを思った、なつやすみ。


DSC_0238.JPG 

なつやすみ

旅行の仕度ってなんでこんなに時間がかかるんでしょ。
あれはいるかな、これも必要かなって
これからはじまる旅のことを考えながらやるからよね。
わくわく楽しいけれど、こんな夜中までかかるとけっこうしんどいなぁ。

今日から一週間、長崎の離島壱岐に行きます。
去年はじめて訪れた壱岐にふたたび。
いわゆる‘田舎’がないわたしにとっては
おばあちゃんのお家に遊びに行くような感覚で
のんびり過ごせる場所だったのです。
そして、自然に癒されてきます。
「自然に癒される」ってよく言うけれど
わたしたち人間も自然なんだよね。
都会に住んでいるといつのまにか分離してしまうのね。
最近、ふとよく思っていたことだったりします。

お盆休みの方も多いでしょうね。
暑さに気をつけながら、夏あじわいましょ!

DSC_0395.JPG


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

profile

プロフィール写真 - コピー.JPG

ヨガインストラクター。杉並区在住。

心理学を専攻中の学生時代、エアロビクスに魅せられインストラクターの道へ。 その後ヨガに出会って以来、日々‘ヨガ道’をマイペースに歩み中。 2009年に長男、2014年に長女・次男となる双子を出産。

なんでも‘あじわう’ことが好き。

プロフィールの詳細はビーヨガジャパンのホームページをご覧ください。

yoga class

水曜 11:00-12:00 初心・初級ヨガ
          ♦TODAY (千駄ヶ谷)      
   14:30-16:00 リストラティブヨガ
         ♦マウレア(恵比寿)
木曜 13:00-14:30 中級ヨガ
            ♦マウレア(恵比寿)
金曜 11:00-12:15 リストラティブヨガ
                  ♦TODAY (千駄ヶ谷)  

プライベートや出張クラスもやります。
お問い合わせください。

e-mail

メッセージやお問い合わせは
saegusa@junkoyoga.comまで
お願いします。

DVD

51oT3PQvyML__AC_US160_.jpg
    2013年7月発売。
    ご購入はアマゾンでどうぞ。

ブルーレイ版もあります。

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ひといき体操
    motoko
  • 呼吸とともに
    motoko
  • 9月からのヨガクラス
    junko
  • 9月からのヨガクラス
    junko
  • 9月からのヨガクラス
    ミユキ
  • 9月からのヨガクラス
    フク
  • 新年
    rie
  • センチメンタルな十五夜
    junko
  • センチメンタルな十五夜
    かおり
  • センチメンタルな十五夜
    junko

recent trackback

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM